業界トレンド:化粧品、医薬品製剤

企業や人のつながりから、その業界のトレンドを分析します。
今回は、「化粧品業界」をテーマにお伝えします。

スライドおよびデータは、このページからダウンロードできます。

同業界の企業つながり
・企業どうしのつながり状態から、業界をいくつかのグループに分けることができます
・中心的企業は、花王、ダイセル、日油、御木本、メナード、ファンケル、クラシエ、ダウ、資生堂、他

企業つながり(拡大) ・・・中心的企業
・各グループにおいて、どのような企業連携がされているかを細かく把握できます
・花王を中心に、互応化学工業、静岡大、高知県、高砂香料工業、クラレ、他が連携している

中心的企業内部の開発者つながり
・開発者どうしのつながり状態から、組織をいくつかのグループに分けることができます
・例えば花王の最大グループは、皮膚保湿剤、フィラグリンあるいはセラミド産生促進剤に関する

開発者つながり(拡大) ・・・キーパーソン
・各グループにおいて、誰が開発キーパーソンかを容易に特定できます
・例えば花王の最大グループでは、石川氏、下豊留氏、菅井氏を中心に開発が進められている

多角的観点から見たキーパーソン
・量と質、勤続年数など多角的な分析を行い、キーパーソン特定の精度を高めます
・例えば花王では、石川氏の他、岩井氏や楠奥氏も注目すべき人物

中心的企業の主要課題
・キーパーソンの取組みは、企業の戦略と密接に関わっていると考えられます
・例えば花王では、皮膚保湿、感触改善、細胞間脂質産生促進、バリア機構、等を重視

ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。
IPエレクトロニクス

スライド(PDF)

ネッドワーク図(XPS)