業界トレンド:ゴム組成物(タイヤ等)業界

企業や人のつながりから、その業界のトレンドを分析します。
今回は、「ゴム組成物(タイヤ等)業界」をテーマにお伝えします。

同業界の企業つながり
・企業どうしのつながり状態から、業界をいくつかのグループに分けることができます
・中心的企業は、ブリヂストン、東洋ゴム、横浜ゴム、ミシュラン、住友ゴム、他

企業つながり(拡大) ・・・中心的企業
・各グループにおいて、どのような企業連携がされているかを細かく把握できます
・ブリヂストンを中心に、昭和電工、三菱化学、ダイキン、JSR、大阪ガス、他が連携している

中心的企業内部の開発者つながり
・開発者どうしのつながり状態から、組織をいくつかのグループに分けることができます
・例えばブリヂストンの最大グループは、タイヤ用ゴム組成物、変性共役ジエン(共)重合体に関する

開発者つながり(拡大) ・・・キーパーソン
・各グループにおいて、誰が開発キーパーソンかを容易に特定できます
・例えばブリヂストンの最大グループでは、田中氏を中心に開発が進められている

多角的観点から見たキーパーソン
・量と質、勤続年数など多角的な分析を行い、キーパーソン特定の精度を高めます
・例えばブリヂストンでは、田中氏の他、小澤氏、堀江氏、中川氏も注目すべき人物

中心的企業の主要課題
・キーパーソンの取組みは、企業の戦略と密接に関わっていると考えられます
・例えばブリヂストンでは、耐亀裂性能、発熱性、ランフラット走行、カーボンブラック、等を重視

ご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。
IPエレクトロニクス

スライド(PDF)
ネッドワーク図(XPS)